ホームページのネタ


このページは、ホームページを作りたいと思っている人やホームページをより充実させたい人の為のページです。普通、ホームページ作りに関するページは、geocitiesやtripodなどへの登録の仕方やら、HTML言語の書き方やら、ホームページ作成ソフトの使い方やら、画像などの素材はここから落としてきてといったことばかり書かれていて、実際に何を書いたらいいのかには触れていません。それは、書きたいことがあるという前提で話しているからでしょう。

しかし、ホームページをとりあえず持ちたいが、何を書けばいいか分からないという方も少なくないでしょう。そこで、どんなことを書けばいいのかを紹介します。

1. 自己紹介

 基本ですね。自分のハンドルネーム (ペンネームのこと)、性別、住所 (都道府県だけ。或いは、市まで。) 、年齢、 何をしている人か (学生、仕事の職種など)、趣味、好きな〜 (好きな芸能人、サッカーが趣味なら好きなサッカーチーム、好きな音楽、好きな映画)など。他に自己紹介でどんなことを言えばいいかは、自己紹介をしているホームページを参考にするといいでしょう。また、100の質問 (男用女用) に答えていくと簡単です。ただ、ホームページは、全ての人が見る可能性があります。実名や具体的な住所などは書かない方がいいでしょう。

2. リンク集

 自分のお気に入りに入っているホームページを整理して、リンク集を作ると便利です。そのページをブラウザ (Internet Explorerなど) のホームに設定しておくと、お気に入りから行くよりずっと便利です。

3. 自分の近況、日記

 近況をまめに書いていると、友達が見てくれます。また、人が見てくれなくても、自分で日記をつけていく感覚で、書いていくのもいいでしょう。本物の日記に比べて、人が見る分、下手なことは書けないですが、人が見る分、動機付けになり、3日坊主で終わりにくいというメリットもあります。

4. 自分の趣味

 多くの人に見てもらおうと思えば、趣味のページを作るのが基本です。見て楽しいホームページか役に立つホームページのどちらかにすると良いでしょう。写真が趣味なら、ホームページ上で写真を公開して、コメントをつけると、見て楽しいホームページになります。また、英語が趣味なら、英語の勉強の仕方を解説すると、読んで役に立つページになります。多くの人に見てもらわなくてもいいという人は、単に自分の趣味記録を日記的に残していくページもありでしょう。

5. 自分の過去の作品

 自分の過去の作品とは、大学で書いたレポートでもよし、小学生の時に書いた読書感想文でもよし、或いは、過去に描いた絵や過去に撮った写真、昔取った賞状や切手のコレクションなどをスキャナで取り込む手もあります。意外なところで言えば、ハードディスクにもあなたの作品が数多くあるでしょう。無いという方は、メールの送信済みアイテムを覗いてみましょう。そこには、あなたが友達に書いた文章が数多く眠っています。そこには、あなたの最近あったことやものの考え方なども入っていることでしょう。メールは、せっかく時間をかけて書いた文章ですので、再利用しないと損です。チャットをやっている人は、チャットの履歴も見てみるといいでしょう。それらをコピーして編集するとホームページの出来上がりです。

6. 自分の過去の体験記・旅行記

 自分の過去に一度でも体験したことを書くといいでしょう。例えば、一度スカイダイビングをしたことがある人は、その時の感想をまとめたり、或いは、過去に恐怖体験をしたことがある人は、その時の内容を具体的に説明するといいでしょう。

7. 映画、音楽、本などの紹介、批評

 自分の好きな映画、音楽、本などを紹介したり、批評したりします。5段階評価するもよし、細かくコメントするもよし。単なる紹介なら、一般的な内容でいいと思いますが、批評なら、自分なりのオリジナルな視点で批評することが大事でしょう。

8. 他のホームページや本を参考にする

 自分の興味ある分野のホームページや本を読み、自分なりにまとめて公開するという手もあります。パクリにならないように自分の言葉で書くとOKでしょう。

9. リンクさせる

 これは単純ですが、強力な武器です。例えば自己紹介のホームページの中で、好きなアーティストに「あゆ」と書いているとしましょう。すると、「あゆ」をクリックしたら、浜崎あゆみの公式ホームページが開くという風にしといたら、浜崎あゆみを知らない人でもすぐに情報を得ることができます。自分のホームページの中にいくつかそういったリンクを設けるとホームページがぐっと面白くなります。

10. 更新情報

 更新情報を設けないと、あなたのホームページに1度来たことがある人にとって、どこが変わっているのか、どこを見ていいのか分かりません。あなたのホームページを毎日見ているわけではないので、単に「ここを更新しました」と書くのではなく、何月何日にここを更新しましたと書いておくべきでしょう。

 

最後に、少し情報を。

手っ取り早く、簡単なホームページを作りたければ、前略プロフィールなどを使いましょう。

大容量のホームページを作りたければ、HOOPS!infoseek isweb を使いましょう。

ページ数が増えてきたら、ページ内検索 (サイト内検索システム)をつけましょう。

URLが長い場合は、www3.toTinyURL などのURL転送サービスを使うといいです。

メールアドレスをホームページに載せるとスパムメールがたくさん来るという方は、HTMLエンティティ化をお勧めします。

そして、Googlegoo などにホームページ登録をしましょう。サーチエンジン一発登録依頼・一発太郎というサービスもあります。また、Googleのページランクの仕組みは、「Google の秘密 - PageRank 徹底解説」を見て下さい。

参考)

僕のホームページについて

自分の記録作りの勧め

 

Copyright(C) 2000 Kazuo. All Rights Reserved.

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO