派遣ユースを希望して

 

ここでは、私がサンフランシスコ派遣の為に提出した作文を載せています。この文章の段階では、私はあくまで派遣候補生であり、派遣は最終決定していませんでした。派遣先もサンフランシスコが候補でしたが、これも最終決定していませんでした。よって、この文章は、派遣の最終決定の際の大事な資料であり、頑張って自分をアピールしています。突っ込みどころ満載です。(^^;

(以下、サンフランシスコ派遣の為に提出した作文「派遣ユースを希望して」より)

 今回、私を派遣生に選出して下さって大変光栄に思います。さて、「派遣ユースを希望して」ということですが、まず希望した動機、そして出発前、滞在中、帰国後のそれぞれの期間をいかに過ごすか、そして抱負という順に述べていきたいと思います。

 まず動機ですが、根本的には私のポリシーがあります。それは、「失敗を恐れず行動する」ということです。これは、幅広く多くの事に挑戦していきたいということです。だから今回、こういう素晴らしい機会を与えられ、それに参加しないはずがありません。「幅広く多くの事に挑戦」という言い方をすると、海外派遣の独自的な動機で無いように思われるかもしれませんので、ここで海外派遣の独自的な動機を四点述べたいと思います。一点目は、私は海外経験が一度も無いということです。それゆえに一度は外国へ行ってみたいという誰もが思う純粋な気持ちです。未知の世界だからこそ外国には興味があります。海外経験が無いということは、以下、二、三、四点目の動機の根本ともなります。二点目に異国文化や多国の人達の価値観を学びたいと言うことです。私は、外国の方と話している時、日本人との考え方の違いを感じることがしばしばあります。外国へ行って、そういった全く異なる価値観の人達に囲まれてみたいのです。私には派遣先の希望というものはありません。日本ではないということが重要で、どこであるかは私にとって問題ではないのです。三点目は、外国での様々な貴重な経験を通して、自らをいろいろな面で成長させたいということです。やはり環境の異なる地で約四十日間もの期間を過ごすと、何もかもが大きく変わると信じています。実際に外国に行き、ものの考え方、価値観が変わったという話はよく耳にします。四点目に、私の英語を試したいというのもあります。私は、ESS (英語研究会) というクラブに属し、英語を学んでいる身なので、自分の英語力でどれだけ自分の言いたい事、気持ちを伝えられるか、またESSで英語と同時に学んでいる論理的思考がどれだけ通じるのかということを試してみたいのです。もちろん滞在中に英語力を伸ばしたいとも思っています。個人的な動機ばかり述べてきましたが、これらのことに加えて、今回、日本人として日本の伝統文化を伝えるという目的もあります。これに関しては後述します。以上が私が今回、海外派遣を強く希望した動機です。

 次に、出発前の計画ですが、英語の勉強やオリエンテーションへの参加は言うまでもないのですが、それ以外にも私が最低限の義務でしなければならないと思うことがまだ多くあります。もちろん期間が限られている為、全てを完璧にする事は不可能なのですが、できるだけのことはしていきたいと思っています。それは、以下に挙げるような事です。まず、日本文化を学ばなければならないと思っています。ほとんどの日本人は、私を含めて、日本文化、特に日本の伝統文化を完全には説明できません。例えば、華道、茶道、歌舞伎、能、相撲。あなたは、いくつ説明できますか。これが全て説明できる人は、おそらく非常に少ないのではないでしょうか。外国の方がこれらについて説明を求めたら、あなたはどうしますか。知らないと答えれば相手はがっかりするでしょう。なぜなら、外国の方は、日本のことは日本人に聞けば分かると思っているからです。だから私は、日本文化を学ぼうと決意しました。もちろん、大阪の独自の文化についても同様に学ぼうと考えています。また、様々な社会問題、国際問題について、自分の意見を主張できるようにならなければなりません。そのためには、まず背景知識を蓄え、そして自分の意見をしっかり持つ、それをまとめて伝えるということが必要となってきます。私は、幸運にもESSでスピーチセクション担当長という役職につき、スピーチを専門に活動しているので、自分の主張を分かり易く伝える事に長けていると思っています。この能力はさらに伸ばしていきたいと思っています。補足しておきますが、日本文化や自分の主張を伝えるのは全て英語なので、英語でこれらを伝えることができなければ無意味です。だから私は、「英語で」様々な事を伝える練習をしていきたいと思っています。以上が出発までに主にしなければならないと考えていることです。その他、多くあるのですが、細かくなるのでここでは省かせて頂きたいと思います。また、出発の直前には、以上のような事の仕上げをしつつ、特に体調管理を万全に行うつもりです。

 次に滞在中ですが、出発前に学んだ事を最大限に生かし、様々なことを楽しみたいと思っています。ただ、もちろん相手に失礼の無いようにマナーに気をつけ、また健康にも最大限に気をつけたいと思っています。ホームステイをするとのことなので、家族の一員となり、生活を楽しみたいと思います。また、家族や日本での生活、学校、クラブ活動など、様々な事について話したいと思っています。

 さて、帰国後は、滞在中に得られるであろう多くの事をできるだけ多くの人に伝え、大阪とその姉妹都市である私の派遣される国との梯になればと強く願っています。また、この経験を自分の将来にプラスとなるように、役立てていこうと考えています。

 以上の事を踏まえ、抱負ですが、ライオンズクラブ、大阪、そして日本の代表として、恥ずかしくないように立派に派遣生としての役割を果たしたいと思います。その為に、今の英語力にさらに磨きをかけ、大阪、日本についてさらに勉強したいと思います。そして、YE派遣ルールを誠実に守ることを誓います。

 最後に、今回、このような素晴らしい機会を与えて下さったライオンズクラブ国際協会、大阪サンフランシスコ姉妹都市協会の方々を始め、多くの方に感謝の意を表しつつ、ここで筆を置かせて頂きたいと思います。ありがとうございました。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO