コーヒーの種類

 


オーストラリアでは、単に「コーヒー」ではだめです。いろいろな種類があるので、具体的に言いましょう。

代表的なものに上の写真のようなものがあります。

1. Long Black (ロング・ブラック) 普通 (ちょっと濃い) のブラックコーヒー

2. Short Black (ショート・ブラック) / Espresso (エスプレッソ) 小カップの濃いブラックコーヒー

3. Cappuccino (カプチーノ) イタリア式泡立てミルク入りコーヒー。コーヒーの上に泡立てたミルクを乗せ、ココアパウダーをかけたもの

4. Flat White (フラット・ホワイト) / White Coffee (ホワイトコーヒー) ミルク入りコーヒー

5. Iced Coffee (アイストゥ・コーヒー) アイスクリームや生クリーム入りコーヒー(コーヒー・フロート)。日本のアイスコーヒーとは違い、砂糖入りの冷たいコーヒーの上にアイスクリームとクリームがたっぷりと乗ったもの

6. Cafe Latte (カフェ・ラテ) コーヒーとミルクが同量のコーヒー。日本のカフェオレに似ているがコーヒーは濃い目でコクがある

 

さらに以下のようなものがあります。

7. Double Espresso (ダブル・エスプレッソ) 量が2倍になったエスプレッソ

8. Mocha (モカ) 豆の種類ではなく、ココアと半々になったミルク・コーヒー

9. Mochacino (モカチーノ) Mochaのミルクが泡立ててあるコーヒー

10. Vienna Coffee (ヴィエナ・コーヒー) 生クリームを浮かせたコーヒー(ウインナ・コーヒー)

11. Skinicino (スキニチーノ) 牛乳の代りにスキム・ミルクが入っているコーヒー

12. Babycino (ベビーチノ) お子様向けコーヒー

13. Hot Chocolate (ホット・チョコレート) 日本でいうココア

 

※ エスプレッソ・ドリンクのエスプレッソとミルクの割合は、カプチーノが1対1、カフェ・ラテが1対2、フラット・ホワイト(ミルクの泡を入れない)が1対1。また、ロング・ブラックは、エスプレッソのお湯割り。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO